ピル・避妊薬について

緊急避妊薬について

 

一般にアフターピルと呼ばれている「緊急避妊薬」は、現在の日本では販売されていません。

このピルを入手したい場合にはピル通販で購入するのが一般的で、個人輸入をしている業者や、直接自分で通信販売を介して個人輸入しなければなりません。

日本の業者が輸入して、インターネット上で販売しているものをピル通販するのが、一番わかりやすい方法だと思います。

アフターピルと呼ばれている緊急避妊薬は、日本で販売・処方されているピルのように、毎日飲み続けなければならないものとは違い、性交後72時間以内に一度目の服用、その12時間後に2度目の服用をするという飲み方をします。

効果は、従来の卵巣に働きかけるタイプのものとは違い、受精卵が子宮内に着床することを防ぐという働きがあります。

そのため、性交後に飲むピル、つまりアフターピルと呼ばれるようになったわけです。

他にはモーニングアフターピルなどと言われることもあるようです。

インターネットを介して少し調べてみると、わりと多くのアフターピルが流通しており、入手経路は思っていたよりもたくさんあることがわかります。

しかも、比較的安価で入手できるので、アフターピルは緊急時に備えて、ひとつは準備しておいた方が良いかもしれません。


ピルは安全なのか?

 

欧米諸国のスタンダードな避妊方法は、女性が自らピルを服用することだと言われています。

しかしながら、日本という国は、紛れもないピル後進国だと言えるでしょう。

低用量ピルが認可されたのが、欧米諸国に比べて遥かに遅かったという歴史があるものの、ピルというものについての知識がまったく無い人間が多いからなのです。

なんだか危なそうだとか、副作用がすごいと聞くからというようないわゆる、他人の噂話を信用し、ピルを服用しないことで、妊娠のリスクを高めてしまっている状況にあるのです。

ピルは不妊薬として広く知られてはいるものの、月経困難症や生理不順や生理痛などで悩む女性に多く用いられていることでも知られているのです。

実際に不妊目的ではなく、こういった副効用に期待をしてピルを愛用されている女性が、全体の22パーセントのも登っているのです。

そして本来の目的である不妊目的での使用です。

ピル以外でも不妊対策は沢山に行うことが出来ます。

しかしながら100パーセントの確率ではなく、中には無茶な性行為を要求してくるような男性も存在するのです。

結果として現在日本の中絶数は、年間で33万件。

33万人の尊い命が殺されていることを意味しているのです。